自律神経失調症は漢方薬で改善|ストレスは病の元

ホルモンバランスの乱れ

様々な生薬

更年期障害の改善には、漢方薬やホルモン補充療法が効果的です。体質改善やストレスのない環境を整えることで、症状の改善につながります。漢方薬は体質や症状によってふさわしいものがあるため、医師や薬剤師に相談することがポイントです。

Read

体に優しい対策法

生薬

更年期の治療では、女性ホルモン補充療法が主に行われます。ただし、症状の軽い人は飲み薬や塗り薬に抵抗を感じることもあり、そのようなケースでは漢方が向いています。漢方では生薬の力で穏やかに作用しますので、少しずつ障害を取り除けます。副作用もほとんどありませんので、長く使用しても問題ありません。

Read

めまい、たちくらみの対策

漢方薬

めまいに効果のあるもの

特に病気でもないのに何となく体調が良くない状態が続くとしたら、自律神経失調症が疑われます。呼吸や消化、内臓の働きなど、自分の意思とは無関係に働いているのが自律神経です。何らかの原因でこの自律神経のバランスが崩れ、身体や精神にさまざまな症状を引き起こすのです。自律神経失調症の症状としては、めまいやたちくらみを訴える人が多くなっています。めまいやたちくらみの原因としては低血圧が考えられます。日頃から貧血傾向のある人は、鉄分を補うサプリメントを摂取してみるといいでしょう。それでも症状に改善が見られない場合は、漢方薬を試してみる価値があります。めまいやたちくらみ、耳鳴りに効果のある漢方薬としては、苓桂朮甘湯や半夏白朮天麻湯などが知られています。

さまざまな原因と解決法

自律神経失調症の原因はさまざまです。ストレスは多くの病気の原因となりますが、自律神経のバランスを崩す方向にも作用します。特に繊細でストレスに弱い人ほど自律神経が狂いやすくなるのです。その他にも生活リズムの乱れや環境の変化などが自律神経を乱す要因として考えられます。自律神経失調症は内科などの病院を受診しても症状が改善しないケースが少なくありません。むしろ神経科や心療内科の領域ですが、西洋医学よりも東洋医学との相性が良い面もあります。鍼灸やマッサージの他、前述の漢方薬が効果を発揮することも多いのです。漢方薬より気軽に試すことのできる方法として、漢方系サプリメントも挙げられます。高麗人参などの成分が含まれたサプリメントは、めまいやたちくらみに限らず自律神経失調症全般に対する効果が期待できます。

対策を知っておこう

色々な漢方薬

年齢を重ねてくるとホルモンバランスが乱れて数々の身体の不調をきたすことがあります。それを更年期障害と呼んでいます。まずは、しっかりと通院して身体の具合を把握しましょう。更年期障害に効く漢方もありますので上手に活用してください。

Read